スポンサーサイト

0
    • 2011.09.27 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ビブラム ファイブフィンガーズのレビュー

    0
      一目見てビブラム ファイブフィンガーシリーズに惚れました。 幅の広い私の足にも合って、かつ指先を動かせる靴は他にはありません。 私の素足の長さは26cmぐらいなのですが、横幅がある分靴選びには少々厄介です。 はじめ26.7cmを履いてみたところ素足では問題ないですが、靴下を履くとピチピチになってしまいました。 なので1サイズ上の27.3を購入。 履き心地はこちらの方がぴったり、マジックっテープでとめるので、少々足の実寸より靴のほうが大きくても歩いていてぶかぶかするということはありません。

      ビブラム ファイブフィンガーズの特徴

      0
        普通のスニーカーでは味わえないような歩行感覚の水陸両用Vibram 5本指 シューズ。 ミッドソール部分がないので、サンダルに近い開放的な履き心地ですが、TC1ラバーソールが足を保護し、どんな地形、地面でも抜群のグリップ力を発揮します。 特種ナイロン素材のアッパーは柔軟性に富み、ソックスの様にしっかりと足にフィットしてくれますのでヨガやピラティスなどにもお薦めです。

        ビブラム 社

        0
          Vibramは、登山家であるイタリア人、ヴィターレ・ブラマーニ(Vitale Bramani) により、1937年創立されました。彼は、登山家である彼自身の経験から、登山における厳しい環境の中で、軽さ、耐久性、機能性、そして安全性の高いラバーソールの開発に従事しました。当時はピレリー社の工場で生産されていました。厳格な品質管理はこの頃つちかわれた物です。そして1945年、K2の初登頂を成功させ、現在本社のある北イタリア、アルビッザーテに自社工場を設立、原材料の仕入れ、配合の開発、商品開発、生産、販売すべてを担います。その経験と実績で信頼を得、世界最高峰の山に挑む、登山家たちの足元を支え続けています。 今では年間3200万足が生産され、シーズンごとに開発されるデザインは50種に及び、輸出先は世界120ヶ国、靴業界のトップブランドをはじめ、ビブラムソールを求める企業は1000社を超えます。 重登山、トレッキング、ロッククライミング用に開発されたアウトドア部門以外にも、用途にあった機能性を備えつつ、加工仕上がりの完成度の高さが定評のリペアー用アイテム、機能にファッション性を加え、プラダ、ナイキとのコラボレーションでモーダ界にも進出しています。機能性を第一に考慮し、かつイタリア発信の創造性に富むデザインは、世界で高い評価を得ています。 長年の信用と実績を築いた黄色いロゴは、世界でもっとも有名なソールメーカーのトレードマークです。また、このトレードマークの入ったソールはビブラム 通販の自信が込められています。

          ビブラム ファイブフィンガー 販売店

          0
            FiveFingersフットウェアは、工業デザイナーのロバートフリーリにより考案され、1936年に最初の登山用のゴム底を発明したVibram社(ビブラム社)の創設者である、ヴィターレブラマーニの孫である、マルコブラマーニに提案された。セーリング情熱を燃やすマルコブラマーニはあたかも手袋のようで、第二の皮膚のような感覚の靴のアイデアに魅了された。 ファイブフィンガーズは、優れた機敏性、バランス、コントロールを向上させる一方、戦場の危険な艤装や障害物からもブラマーニ氏の足をしっかりと守った。 セーラーとして、靴産業界のベテランとしての経験を生かし、ブラマーニ氏はフリーリ氏と共に、ビブラムソールの守られた裸足のセンセーションを提供する今日の形状をした最初のフットウェアを完成させた。

            ビブラム fivefingers

            0
              ビブラムビブラム5本指シューズとは、イタリアのビブラム社製のゴム底、ビブラム・ソールのこと。ソールの定番スタイルとなっている。 ビブラムは、ビムラム社が作る登山靴、スキー靴、チロリアン・シューズ(チロル地方で用いるチロル風の靴の意味。軽登山用)などのヘビーデューティな靴によく使われている独特のソールをさす。山地や岩場、濡れた路面などの地形で、高いグリップ力を発揮し、踏ん張りがきく。そのうえ、長時間歩き続けることを前提に作られているので、程よい弾力性があり、疲れにくいのが特徴である。ビブラム・ソールは世界的に広まり、現在では各社が各種の合成ゴム底の靴を生産している。またラグ・ソール(凹凸のはっきりした丈夫なゴム底)、タンク・ソール、キャタピラー・ソール、ラギッド・ソールとも呼ばれている。

              ビブラム ブラックレーベル

              0
                ビブラム ファイブフィンガーズは、創業者の孫「Marco Bramani」がディレクションする、ビブラム社のR&D部門「Vibram Milano」から発信されるオリジナルプロダクツに使用されるブランドマークです。Bramani と工業デザイナー Rovert Fliri の協力により発表された「Fivefingers」(Vibramソールの安全性と保護力を保ちながら、素足になる感覚を提供する五本指のフットウェア)は、シューデザインのニューウエイブとしてヨーロッパで話題沸騰しています。そしてこの非常に独創的なデザインが特徴の「ブラックレーベル」は、世界中の限られた高感度なショップでのみ展開しています。

                5本指 シューズ ビブラム

                0
                  スポーツ・アウトドア業界で最注目の 5本指シューズ、「ファイブフィンガーズ」。 滑りにくいビブラムソールを備えたこのシューズは指先を自由に動かせることから通常のシューズよりも裸足に近い感覚で水場などでも動く事が可能です。ウォータースポーツだけでなく、フィットネスやヨガ、マラソンなどにも愛用者が増えています。おしゃれなデザインからヨーロッパなどではタウンユースとしてファッションに取り入れる人も増えています。 ■特徴 ●柔らかく、かつ足を保護するヒールカウンター ●履き心地を調整と肯定できるタブとゴムひも ●ゴム状のゴアが足の低い部分を包み込み、履き心地、安定性を高める。 ●焼けた砂やとがった岩から保護。 ●ビブラムソールは足、つま先の形状に合わせてデザイン(特許出願中) ●個々の足の指を入れるスロットは自然な歩行動作ができるよう機敏性、コントロール、安定性を高める。 ●滑りやすい濡れた表面でも滑りにくいカミソリのような切り込みがあるソール。 ノンマーキングのVibramTC1ラバーソールは足を保護し、どんな地形・地面でも抜群のグリップ力を発揮します。アッパーにはサンファン社が開発した特殊抗菌処理を施したCITY-XYを採用。ストレッチに優れたアッパー素材は薄く、かつ摩耗にも強く、速乾性に優れています。 ■足のセラピー 人間はもともと裸足で生まれてきており、人間の体は裸足で歩くようデザインされている。vibram fivefingersはまさに裸足感覚での歩行を実現させてくれます。 ■自然な歩行動作を促進 優しく足の指を開くことにより、足の筋肉を強くし、動作範囲を拡大、一般に足の健康を改善させる。足、下腿部の筋肉を刺激することにより、バランス、機敏性、強さを養います。また、背骨をまっすぐし、姿勢をよくします。

                  ビブラム 5本指シューズ ファイブフィンガーズ

                  0
                    工業デザイナーRovert FliriがVibram社のMarco Bramaniに提案して実現したビブラム 販売店。 五本指ソックスはすでに日本では当たり前のものとなっているようだが、この地下足袋にもない五本指シューズが最近気になって仕方がない。 夏はたいていの場合、げんべいのビーサンで過ごしているわけだが、岩場や雨の滑りやすい路面などに対してはパールのギョサンが活躍する。 しかし、どちらもサンダル形式なので車の運転には向かないし、何かが上に落ちたり踏まれたりした場合は痛い目にあう。 かといって、昨今の流行であるCrocsはどうもヒネクレモノとしては追従したくない(笑)。 そんな時に見かけたのが、Vibram 5本指 シューズ。 Vibramソールによる確実なグリップと、足を守る安全性と保護力を合わせ持った業界初のヘンテコリンな裸足感覚のシューズ!これですよ!これ!! というわけですごく気になるのだが、ネットショップで靴の類いを購入するのはなかなか難しい。特にこんな五本指ものは自分の足のサイズや形状に合うかどうかは試したいものではないですか。 そんなわけで、どこかの店頭で試してからにしたいので、まだその履き心地はわからないんだな、これが。

                    ビブラム 販売店

                    0
                      スポーツ・アウトドア業界で最注目の5本指シューズビブラム 販売店へようこそ!ビブラム・ファイブフィンガーズシューズは、滑りにくいビブラムソールを備え、指先を自由に動かせることから通常のシューズよりも裸足に近い感覚で水場などでも動く事が可能です。ウォータースポーツだけでなく、フィットネスやヨガ、ランニング、マラソン、トラベル(旅行)などにも愛用者が増えています。おしゃれなデザインからヨーロッパなどではタウンユースとしてファッションに取り入れられています。 今注目の「ビブラム・ファイブフィンガーズ」で、裸足感覚の素晴らしさを、あなたも是非体感してください!!

                      ビブラム 店舗

                      0
                        ビブラム 店舗は、登山家であるイタリア人、ビターレ・ブラマーニ(Vitale Bramani)によって1937年に創立。登山家である彼自身の経験から、登山における厳しい環境の中で、軽さ、耐久性、機能性、そして安全性の高いラバーソールの開発に従事してきました。現在、登山用ソール以外にも様々な分野に進出し年間3200万足が生産され、シーズンごとに開発されるデザインは50種に及び輸出先は世界120ヶ国、靴業界のトップブランドをはじめビブラムソールを求める企業は1000社を超えます。バイク用ソールも長年開発し続け、この業界でもトップブランドとしてその名を知られています。 2005年よりジャペックスはビブラム社と契約しモタードソールの交換を始めましたが、今回さらにエンデューロソール、モトクロスソール、トライアルソールもそのラインアップに加わりました。